肩こりと頭痛がありますが、ロキソプロフェンとセパゾンを服用しています

高校生の頃から今まで、ずっと頭痛に悩んできました。

内科や脳神経外科、漢方内科、整骨院など、少しでも良くなりそうな病院をいろいろと受診してきました。

そして、病院で処方された薬を試してみたり、市販の薬をあれこれ試してみたりしてきました。

もちろん、漢方薬も試し済みです。

市販の薬では、セデスやイブ、バファリン、ロキソニンなど、「主成分が違うと、人によって合う合わないがある」ということを耳にし、それらも試してみましたが、どれもあまり効果が感じられませんでした。

ところが、先日、整形外科でレントゲンを撮ってもらい、「頸椎の椎間板が狭くなっていることからの肩こりと頭痛では」という診断をされました。

そこで、上記のろきそプロフェンとセパゾンの組み合わせで薬が処方されたのですが、この組み合わせが、初めてよく効いているのを実感できました。

おかげで、ずいぶん楽に生活できるようになりました。

頭痛の前に肩こりが始まるのですが、それがひどくなりそうな予感がする時点で、プロフェンとセパゾンの組み合わせで飲むと、その後に頭痛が起こっても軽く済み、何日も引きずることがなくなりました。

一緒に、胃を荒らさないよう、レパミピドも処方されているので、胃の弱い私でも、胃が痛くなることもありませんでした。

こちらもどうぞ⇒薬エクスプレス